成瀬善久が戦力外に!2018年までの成績と年俸推移や球速について!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、東京ヤクルトスワローズに所属している成瀬善久投手が来季(2019年)は戦力外となることが判明した。

 

毎年10月頃になると各プロ球団が来年に向けて人員整理をお子なんだが、どんなに過去活躍した選手であっても容赦なく切られるのがプロ野球の世界だからとても怖いよな。

 

では、一体どの様な選手であったのか成績や年俸推移を紹介していこうと思うので最後まで見てくれよな!

 

スポンサードリンク

成瀬善久が戦力外に!

 

冒頭でも書いたが、東京ヤクルトスワローズは10月2日の発表で成瀬善久投手と来季は契約を交わさないことが判明した。

 

 

ヤフーのトップニュースでも報じられており、どれだけ球界で活躍していた選手か分かるよな。

 

毎年10月になると悲しい現実が待っているよな。

スポーツの世界とはどれだけ厳しいのか、実力を出せなくなると問答無用で排除されてしまう世界だと再認識してしまうよな。

 

では、ネット上の声を紹介していこうと思う!

 

ネット上の声

  • 痛めたところの回復が今後どうなるか不安。投手力が不安なヤクルトでさえ戦力外になるのは、プロの目から見たら復活は厳しいかもしれない。
  • 実績のある投手だし、一時はロッテでエースだった選手。
    まだ32だし、今後復活もあるのかもしれない。
  • 巨人の村田選手の様に、コストパフォーマンスが低いベテランは球団が切りやすい風潮になってる気がする。

 

多くの意見があったが、やはりまだ復帰して欲しいと言う声が多く聞かれたよな。

個人的にもまだ若いと思うな。

 

32歳であればまだ全然プレー出来る年齢だ。

 

本人もまだ現役続行を希望しているので、まだやれると思っているのは安心した。

 

球団から戦力外通告を受けると言う事は、サラリーマンで言えばリストラ通告になるんだよな。

 

仮にリストラされたとしても、本人が腐らなければやっていけると思うで新天地でどの様な活躍を見せてくれるのか注目していきたいと思っている。

 

では、次のテーマで2018年までの成績と年俸推移について紹介していこうと思う!

 

スポンサードリンク




 

2018年までの成績と年俸推移や球速について!

 

では、2018年までの成績から紹介していこうと思う。

 

2006年 登板13 勝利5 敗北5 失点33 防御率3.45 千葉ロッテ

2007年 登板24 勝利16 敗北1 失点36 防御率1.82 千葉ロッテ

2008年 登板22 勝利8 敗北6 失点57 防御率3.23 千葉ロッテ

2009年 登板23 勝利11 敗北5 失点56 防御率3.28 千葉ロッテ

2010年 登板28 勝利13 敗北11 失点78 防御率3.31 千葉ロッテ

2011年 登板26 勝利10 敗北12 失点75 防御率3.27 千葉ロッテ

2012年 登板28 勝利12 敗北11 失点71 防御率2.83 千葉ロッテ

2013年 登板14 勝利6 敗北4 失点29 防御率3.00 千葉ロッテ

2014年 登板23 勝利9 敗北11 失点74 防御率4.67 千葉ロッテ

2015年 登板14 勝利3 敗北8 失点42 防御率4.76 東京ヤクルト

2016年 登板22 勝利3 敗北2 失点45 防御率5.60 東京ヤクルト

2017年 登板12 勝利0 敗北1 失点11 防御率5.40 東京ヤクルト

 

年俸推移

2004年 450万円

2005年 450万円

2006年 480万円

2007年 1600万円

2008年 7000万円

2009年 7350万円

2010年 1億円

2011年 1億3000万円

2012年 1億3000万円

2013年 1億6000万円

2014年 1億4400万円

2015年 2億円

2016年 1億4400万円

2017年 1億4400万円

2018年 2000万円

 

年俸推移を見て見ると、プロ野球選手になった頃は年を重ねる程にどんどんと上がっているのが分かる。

 

2018年は年俸がガクンと下がっているのは、2017年に肉離れで開幕は2軍スタートで試合は12しか出場することが出来なかった。

 

その影響もあり2018年は年俸が急激にダウンしてしまう状況となってしまう。

 

球速は、平均137キロで最速147キロになるんだ。

 

実力主義の世界では、結果が全てと言うことになる。

 

球団側もボランティアでしている訳ではないので、そこは仕方ないのかもしれない。

 

戦力外になってしまったことは仕方がないので、次の球団に行った場合はさらなる活躍を見せて東京ヤクルトスワローズを公開されるしかないだろう。

 

また、何かあれば記事を書いていくので期待して待っててくれよな!

 

【まとめ】

  • 成瀬善久選手が戦力外になったのは決定している。
  • 次の球団に関してはまだ決まっていない。(記事を書いている時点では)
  • 球速は平均137キロで最速147キロになる。

 

 

スポンサードリンク




注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください